痒みを我慢しないで!カンジダ膣炎

カンジダ菌は、特別な菌ではなく、多くの人の膣内に普通に存在している菌の一種です。
身体が元気で、免疫力が備わっている時であればカンジダ菌が悪さをすることはありませんが、疲れている時や風邪気味の時など、抵抗力が弱まっている時に菌が増えてしまい、炎症を起こすことがあります。これがカンジダ膣炎といわれるものです。
一度発症すると、ポロポロとしたおりものや通常と異なるにおいが発生することが多いです。
また、膣内や周りの皮膚に強い痒みが出るのが特徴です。
市販の痒み止めは、膣の中に塗るためのものとして作られていませんので、痒み止めだけで治すのは難しいのです。
痒みを我慢するのはつらいものです。
カンジダ膣炎用の市販薬も販売されていますが、他の病気である可能性も考えられますので、安易に自己判断をせず、おかしいなと感じたら早めに病院に行くことをお勧めします。
カンジダ膣炎は、飲み薬を服用するのではなく、膣内を洗浄したり、外用薬を使用したりすることで治療が可能です。
症状にもよりますし、個人差もありますが、通常は数日で症状は落ち着きます。
一度カンジダ膣炎にかかると、繰り返し再発する方が多いのも特徴です。
誰もが持っている菌ですから、気にする必要はありません。
ひいてしまった風邪を治療するのと同じように、かかってしまったら、その都度根気良く治しましょう。
特に生理前は、ホルモンバランスの関係で膣内が酸性に偏りやすく、加えて、カンジダ菌は酸性を好んで増えることから、生理前に再発するケースは多いのです。
この場合、生理が始まってしまえば自然に治ることもありますが、頻繁に繰り返すようであれば医師に申し出て、判断を仰ぐようにしましょう。