子供がなりやすいカンジダ皮膚炎

カンジダと呼ばれるカビの一種に感染することにより炎症を起こす病気の事をカンジダ症と言います。
子供がなりやすいカンジダ皮膚炎は、このカンジダに感染し、皮膚が炎症を起こしている状態の事を言います。
お尻に出来る事が多いですが、脇の下や関節のシワ、首のシワの間などにできることもあります。
お尻などおむつの中に出来る場合には、おむつかぶれと間違う場合もあります。

症状としては、皮膚が炎症を起こすことで赤くなったり、ただれたりします。
ただれの周囲に赤い湿疹や膿を持った湿疹が現れ、皮膚がむけてしまう場合もあります。

治療には抗真菌薬が使用されます。
ステロイド系の塗り薬を使用すると、症状が悪化することもあるので、注意が必要です。

カンジダ皮膚炎にならないためには、日頃から皮膚を清潔にすることが大切になります。
特に蒸れやすいおむつの中や汗をかきやすい関節付近や脇の下は注意が必要です。
お風呂などに入った後には、しっかりと水分を拭きとってから服を着せるようにします。

また、薬を塗布する場合にも、患部を乾かしてから塗るようにします。
用法・用量を確認し、使用するようにします。
処方された薬を使用しても症状の改善が見られない場合は、再度病院を受診しましょう。