ペニスにカンジダ菌が繁殖して起こる亀頭包皮炎は性病

カンジダ菌と聞くと、女性の膣などに存在する菌であるとか女性特有の性病と思っている人も少なくはありません。女性にとってカンジダは身近な菌ではありますが、男性にもカンジダによる病気に悩まされている人はいるのです。男性が悩まされるその病気とは、カンジダ性亀頭包皮炎という病気です。これはカンジダ菌がペニスで繁殖することによって、痛みやかゆみなどが起きるもので、ペニスに斑点が現れるようになったり白っぽいカスのようなものがたまるようになるのが特徴的な症状です。性行為によって女性から男性のペニスに移ることで起こります。基本的にペニスは空気に触れた状態にあるので、菌の繁殖はあまり起こることがないのですが、菌がついたままペニスを不潔にしていたり、小さな傷口があったりすることで菌がそこに根付いてしまうと発症する可能性が高くなります。また包茎の人の場合は亀頭部は蒸れた状態になっているため、発症しやすいとも言われています。ペニスに症状が起こると、性病を疑う人も多いですが、カンジダ性亀頭包皮炎は性病ではありません。性行為で感染する確立は高いのですが、真菌による病気であるため、水虫のようなものと考えると良いでしょう。それならペニスをきれいに洗えば治るのではないかと思われるかもしれませんが、、きれいに洗っても症状がよくなることはありません。それどころか、洗えば洗うほど症状を悪化させてしまうこともあります。病院を受診して治療薬を処方してもらうのが一番の治療法ですが、それ以外の対策としてはペニスを洗いすぎないことが大切です。また真菌に効果がある薬用ソープを使ったり、真菌症に効く軟膏を使って念入りにカンジダ菌を減らしていくようにするのも良い方法です。