カンジダ感染で痰?感染症は札幌の病院で早めに治療

風邪をひいている訳でもないのに、最近痰が出るという場合、もしかしたら菌が感染しているかもしれません。
感染により痰が出やすくなると言われているのが、カンジダ菌です。

カンジダ菌は性器に感染する、性感染症というイメージのある菌ですが、実は私達の体に住み着いている常在菌の1つです。
性交渉でも感染する事はありますが、多くの方が元々カンジダ菌が体に生息しています。
口腔内にも住み着いている場合があり、いつもは無症状です。

しかし、疲労や抗生剤などの服用で、常在菌のバランスが崩れてしまうと、カンジダ菌が増殖してしまうケースがあります。
どんどん菌が増えてしまう事から、様々な症状を引き起こすのです。

口腔内で増殖した場合は、ヨーグルトのような白い苔状の物体が出来たり、粘膜部分が赤くなるといった症状を起こします。
菌は唾液にも含まれているので、この唾液を飲み込んでしまうと、アレルギー反応が出る恐れがあります。
アレルギー反応によって、痰が出やすくなるようです。

札幌のクリニックでも、この菌に感染した方が治療を行っています。
口腔内にこのような症状が起こった場合は、札幌の耳鼻科か内科を受診しましょう。

札幌の多くのクリニックでは、菌を殺菌する抗菌薬による治療が一般的です。
塗り薬や内服薬、うがい薬タイプなどがあるようです。
また、口腔内を常に清潔に保つという事も、治療の効果を高めたり再発の予防に有効です。
特に義歯の方は、しっかりと清掃が行き届かず、カンジダ菌だけでなく他の菌も繁殖しやすい傾向にあります。
ですので、食後は必ずブラッシングするといったケアの他に、定期的に歯科クリニックで歯のクリーニングをするといった、ケアを行いましょう。