カンジダ膣炎は不妊とは関係ありません

女性の中にはカンジダ膣炎やヘルペスなどの性病で悩んでいる人がいます。
カンジダやヘルペスの原因とは、主に性交時にウイルスや菌に感染することで発症します。
ヘルペスよりもカンジダは感染すると慢性化しやすいといわれているので、このような人は早めに病院に行くことをおすすめします。
この病気は人間が本来持っているカンジダという真菌が原因となって起こります。
その症状は陰部の強いかゆみやカッテージチーズのようなおりものが出ると言うことです。
ほうっておいても自然に治癒すると言うことはなかなかないので、しっかりと病院で治療するようにします。
この病気は再発率も高く、5人に1人が経験したことがあるほどです。
ここで気になるのがカンジダ膣炎と不妊の関係性です。
その答えは関係性はないということになります。
この病気になったからといって不妊になることはありません。
しかしここで注意しなければいけない事は、妊娠しているときに感染をすると、胎児に影響する可能性があるということです。
妊娠している時には特にかゆみが出ることが多いので、早い時期に治療を行うようにします。
また、カンジダは生理の際にもかゆみが強く出る傾向があるので、早めに治療をするようにします。
自然療法では治らない人もいれば時間がかかってしまいます。
したがってしっかりと医師と相談をするようにします。
そして再発をしないように自分自身で生活習慣の見直しをすることも大切です。
この治療には塗り薬が使われます。
それはエンペシドクリーム カンジダです。
ここには殺菌成分が入っているので、清潔な手で患部に1日2回から3回塗るようにします。
その他にも内服薬のイトラコナゾールで自宅で治すこともできます。
カンジダ膣炎を再発させないためには、おりものシートは使用しない、生理の際のナプキンはこまめに交換する、通気性の良い下着を着用する、乳酸菌のたくさん含まれた食品を積極的に摂取する、このほかに甘いものを食べすぎずにストレスをためない生活を心がけるようにします。

↓ヘルペスで悩んでいる方はこちらのサイトへ
バルトレックス 通販